太平洋と細田川河口に挟まれた土地に、明治時代から現存する古澤醸造。蔵の敷地内には、代々続く杜氏の家があります。


土壁、130年も前の陶製の発酵槽、過去の酒税法に準拠した税務署規格の旧式の貯蔵タンクの蓋の鍵・・・まるでタイムスリップしたかのような感覚に陥ります。


古澤醸造は、酒、醤油、味噌、酢、みりんなど、さまざまな麹菌を使った発酵食品を製造してきました。伝統的に、地元の芋を使用した本格焼酎を造っています。


2005年からは、本格焼酎ひとすじで製造を続けています。