真空ポンプ、フィルター、ガス注入式や取り替え機器など他の製品に対するリポアの利点は何ですか?

  • 【真空ポンプ】 ワインの劣化を遅らせることはできますが、2〜3日程の効果しかありません。ボトルを一度開けてしまう(引っ張る)ことで、ワインの香りや風味も同時に抜け出してしまう可能性があります。正しく使用しても、最大75%の真空状態しか発生しないため、ボトル内に多くの酸素が残り、これが劣化の原因になります。またストッパーの隙間から少しずつ空気が入り、真空状態が12時間後には完全になくなってしまう可能性も一部のテストによって示されています。空気は21%の酸素で構成されています。repour「リポア」は酸素吸収の力により、ボトル内に21%の真空を生成させます。これはワインを劣化させる酸素が実質的にゼロであることを意味します。
  • 【カーボンやその他のフィルター】 ワインから繊細な香りや風味をも奪ってしまいます。repour「リポア」はこれらの香りや風味を保ち、より長くワインを保存する事が可能です。ブラインドテスティングを行なった場合、repour「リポア」で2ヶ月保存されたワインは、開栓したばかりの同じボトルと区別がつかないことが記録されています。
  • 【針を使った注入式】 コルクを取り外すことなくサンプルサイズのワインを取り分けるのには最適ですが、この方法でグラス一杯を提供するには、時間と手間がかかるため、サービス環境にはあまり向いていません。加えて、壊れやすいという性質があるので、技術習得と使用上の注意が必要とされます。repour「リポア」は、技術習得や研修の必要もなくワインを保存し提供することが可能です。ボトルに栓を差し込むだけ。すごく簡単です!
  • 【ガスボンベとカートリッジ】 機器自体と一緒に定期的に交換する必要があり、高価なボトルワイン以外のすべてに使用するには、通常あまりにもコストが掛かり過ぎてしまいます。repour「リポア」の価格帯は、コストを心配することなく全てのボトルに使用が可能です。 ご自宅でワインを楽しむ際、ワインが無くなるまでにかかる時間を心配することなく、ただシンプルにワインを楽しむことができ、 レストランでは、ボトルに入っているすべてのワインをどれくらいの期間で販売出来るかを心配することなくサービス向上やレストランの利益を考慮することができます。