科学的視点からのrepour「リポア」

repour「リポア」は、日本酒またはワインの標準的なサイズである720〜750 mlボトルを中心に設計されており、ボトルの中の鮮度を保つために、repour「リポア」が必要最大量の酸素を吸収します。

次の例を参照ください:

グラスワインで提供した場合:

グラス1杯分= repour「リポア」は、ボトル内の125ml分の空気から酸素を吸収

グラス2杯分= repour「リポア」は、ボトル内の250ml分の空気から酸素を吸収

グラス3杯分= repour「リポア」は、ボトル内の375ml分の空気から酸素を吸収

グラス4杯分= repour「リポア」は、ボトル内の500ml分の空気から酸素を吸収

グラス5杯分= repour「リポア」は、ボトル内の625ml分の空気から酸素を吸収

グラス6杯分=ボトルは空の状態

合計= repour「リポア」は1,875ml分の空気から酸素を吸収します

repour「リポア」は、安全係数を使用し、標準ボトルの2倍のサイズの空気中から酸素を吸収するように設計されています。最大2,000mlの空気中から酸素除去が可能ですが、必要以上の抜き差しや、1本のボトルからグラス6杯分以上を提供するために使用すると、その効果を低下させる事となります。

1. 酸化反応:

酸素が消滅する科学的背景には、酸素と他の物質との間の酸化反応が関係しています。これは不可逆的な化学反応であり、repour「リポア」の働きを非常に効果的にします。また、1つの栓が1つのボトルにしか機能しない理由でもあります。 反応は次のようになります。 X+ O2 —> XO2 この反応の副産物はないため、酸素はボトルから除去され、何にも置き換えられません。 空気中に21%の酸素があるため、これは21%の真空が生成されることを意味します(※ドルトンの法則と呼ばれる別の化学原理)。ボトルを開けると、これに気付くでしょう。 もし静かな部屋で行った場合、注意深く耳を傾けると、この21%の真空破壊が聞こえることがあります。

2. 拡散の原則:

repour「リポア」の第2の有効性は、拡散の原則に基づいています。 酸化反応は、ワインの上の空気中の酸素の拡散が酸素をストッパーにもたらし、酸化反応がそれを消費できるようにするためにのみ効果的です。 栓の中には、小袋が入っています。 これは空気を通過させる特殊な材料ですが、小袋の中にある酸素と反応する液体や微細な材料が外に出てくることはありません。”拡散”により、酸素のみがこの小袋を通過します。

3. ヘンリーの法則:

私がこの話をすると、私を滑稽だと思うかもしれませんが、結局のところ、空気中の酸素の量についてなどほとんど気にしていません。 それよりもワインには実際にどれだけの酸素が含まれているかを気にします。つまり、酸化的損傷が実際に起こっていたのかどうかを気にするわけです。本質的に、酸素は常にワインに「溶解」し、ワインから戻ってきます。 空気中の酸素の量に基づいて発生する平衡があります。 repour「リポア」は空気から酸素を継続的に除去するため、ワイン自体からすべての酸素を除去します。これは本当にrepour「リポア」の効果が持つある種の魔法です 

要約すると、repour「リポア」の有効性と科学的要素は3つの部分からなるプロセスです。 ”酸素”は、酸素分子に合わせた非可逆化学反応を介して材料と反応します。”拡散”は継続的に反応部位に酸素をもたらし、ヘンリーの法則と組み合わせて、ワインの溶存酸素を約8 ppm(平均的なワインが一度に空気にさらされる量)から0.03ppm未満に下げます。 密閉された空間で酸素と継続的かつ積極的に反応することにより、栓は酸素がなくなるまでボトル内のすべての酸素を除去し続けます。